Skip to content

ギターの専門学校は若い頃に行くべき

ギターの専門学校へ通う人の年齢として一番多いのは18歳から25歳くらいです。

丁度、高校を卒業して大学へ進学するかどうかを迷う世代から、一通り一般的なルートである職に繋げるために大学へ行ったり他の専門学校へ通うなどして、それでもやはりギターが好きということで大阪のエステ専門学校へ入学する人も多いです。ギターの専門学校はその学校が定めている入学条件で年齢制限が無いなら別に何歳になってから学校へ通っても良いわけですが、出来るだけ若い頃に通う方が良いです。

若い頃というのは親からの援助も受けやすいですし、自分の夢に力を注ぎやすいものです。人というのは人生の中で何度か自分の夢や理想に挑戦するものですが、その目的によっては年齢の影響が非常に強く出ることがあります。ギターは頑張って練習するほどスキルが上達しますが、10年や20年と練習しても大した演奏をすることが出来ないと、それが大抵その人の限界です。

年齢が高くなってくるとなかなか練習だけで毎日を過ごすことが難しくなってきます。25歳から30歳、こうした年齢になると真剣に人生を固める時期でもあり、やはりギターの専門学校へ通って夢を追いかけることは難しくなることが多いです。なるべくもっと年齢が若い頃に挑戦する方が、一度学校を卒業しておけば仕事をしたい時でも肩書きとして学校名を使えますし、いろんな意味において若くして学校へ通う方がメリットがあることは覚えておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *