Skip to content

専門学校生は検定試験の受験で有利になりがち

検定試験に合格するための知識を毎日のように詰め込んでいる専門学生は、来るべき試験当日に備えて勉強を重ねます。

結果として検定試験の合格率が高まる傾向にありますが、実際には勉強を積み重ねたことだけが要因ではありません。慣れ親しんだ校舎が試験会場に選定されやすいことも、専門学校生が検定試験に強い秘訣なのです。勉強した記憶の糸をたぐり寄せることが容易なので、専門学校生は検定試験に強いと言えます。

試験会場に使われる部屋は、しばしば専門学校生が授業で利用する教室であることが多いです。そのような環境下で試験を受けていると、問題を解くために必要な情報と過去に受けた授業内容がリンクしやすくなります。

この映像記憶とも言うべき現象の恩恵は、初めて校舎を訪れた受験者は受けられません。したがって、専門学校生は検定試験の問題に対応できる能力が高いのです。検定試験を受けている最中は、往々にして緊張しやすいです。意識的に緊張を緩和させようとしても、容易なことではありません。ただし、例外として専門学校生は緊張に強いことが少なくありません。毎日のように通っている校舎で試験を受けているのですから、座っている椅子の材質を感じたり教室の風景を見ることによって、自然と落ち着きを取り戻しやすくなります。また、受験者の中には同級生が多いことも良い結果をもたらします。ともに切磋琢磨した仲間と試験を受けている実感が湧くので、心強さを感じるからです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *